お別れの形を選ぶことができる町田市のペット葬儀

町田市の葬儀の傾向と自治体の取り組み

町田市は、横浜市や川崎市などと隣接している事もあり、故人の供養の為に焼香に来た一般弔問客に対して通夜料理を振舞う東京の宗教的な慣習に加え、出棺時には5円玉とお菓子の配布や納棺時に升の裏に載せた豆腐を角から塩で全て食べ尽くす大和市の宗教的な慣習、遺族や親族が豆腐を食しながら故人の体から俗世の穢れを洗い流す湯灌の儀を行う川崎市の宗教的な慣習などの宗教的な慣習が現在も行われる事がある地域です。しかし、東京都の多摩地区の南部に位置し神奈川県と隣接している事もあり、現在では東京都と隣接する神奈川県の両方のベッドタウンとして発展して経緯がある為に団塊の世代の地方出身者の割合が高く、現在では一般葬よりもシンプルかつコンパクトな葬儀が多くなって来ています。

葬儀の傾向と火葬までの流れ

火葬までの流れとしては、死亡診断書や死亡届の受領及び遺体の引き取りに始まる故人の臨終時から、業者により搬送後の湯灌の儀や末期の水、納棺、枕経など故人の遺体安置、死亡届の提出、火葬許可書の交付申請などが行われ、一般葬や家族葬などの規模、葬祭用具のグレード、葬祭会場などの打ち合わせが行われます。通夜は、一般的に焼香や僧侶による読経が行われますが、家族葬の場合には限られた人間だけで執り行われるので無宗教葬や花葬、音楽葬など自由な形で執り行われる事もあります。家族葬では、告別式も同様に宗教色を排除した形態で執り行われる事もあります。関東地方では、宗教観や死生観の変化に加え長く続く経済不況の影響により、主流が家族葬にシフトすると共に通夜や告別式を執り行わないゼロ葬が全体に6分の1以上を占めています。

家族葬のメリットと自治体のサポート体制

町田市で急増中の家族葬は、遺族と極限られた親類縁者だけで執り行われるので弔問客や参列者の接待に頭を悩ませる事が無く、故人との残り少ない時間を有意義に過ごせるメリットがあります。費用面では、弔問客や参列者が限られる事で平均200万円近く必要とされていた費用が、大きく削減出来るメリットもあるとして年々増加しています。町田市では、医療機関にされる業者の不明瞭な見積もりや追加請求による葬儀の高額化を抑制する為にシルバー人材センターに委託する形で、祭壇や高張提灯、式幕、座布団等の葬祭用具の貸出及び設置、木棺や骨壺、礼状、骨壷、ドライアイス、脱臭剤等の販売を安価な料金設定でリーズナブルに行っています。又、生花や花輪等の調達、遺体搬送、出棺などのサポートに関しては協力業者の紹介を行っています。