町田市で葬儀を執り行うときに得ておくと良い情報

東京都の多摩地区の南の方に町田市はあり、人口は、およそ43万人ぐらいとなっていて、東京都23区に通勤している人の割合は2割以上になります。関西で執り行う葬儀はお通夜のときに食事を提供する習慣はありませんが、関東地方を含む東日本では、お通夜で通夜振る舞いをする慣習があります。通夜振る舞いの慣習は日本でも、たくさんの地域で行われていますが、食事を食べるのは遺族や、近親者だけというのが一般的で、準備しておく食事は参列する人数の、およそ半分ぐらいの量で充分となります。しかし、東京では遺族や、近親者以外の参列する方も通夜振る舞いに箸をつける慣習があるので、参列する人数の、およそ7割ぐらいの食事を用意しておくことが必要になります。昔からの慣習だけでなく南多摩斎場という公営斎場を使うときの慣習や、寺院や、民営斎場を使うときの利点や、欠点が存在します。

南多摩斎場を使うときに必要な情報

町田市上小山田町にある南多摩斎場は公営斎場の1つで、町田だけでなく八王子市や、多摩市、日野市、稲城市と一緒に運営しています。運営している地域の住民ならば割安な費用で施設を使うことができるため、とても人気があり、そのために式場を利用するためには幾日か待つ必要が出てくることがあります。そのため南多摩斎場には遺体を安置しておく霊安室が併設されていて、初めの24時間までは追加料金なしで利用でき、24時間を越えて利用する場合でも1日あたり3,000円の追加料金を支払えば良く割安な費用で利用することができます。そのため故人が亡くなった日から葬儀を執り行うまでに待つ必要がある場合も安心です。式場を使うことができるのは遺体が出棺されるまでなため、遺体を火葬したら解散という形になります。

民営斎場や寺院斎場を使うときの利点と欠点

町田市の公営の葬儀場である南多摩斎場を使うためには、何日間か待つ必要があるケースがあります。そして南多摩斎場に行くためには最寄の駅からタクシーなどに乗る必要があり、遠くから参列する人にとって割安ですが、不便な立地となっています。その一方で、民営斎場や、寺院斎場は希望している日にちや、時間帯に確保しやすく交通アクセスが便利な立地となっているため、遠くから参列してくれる人の便利さを考えるのであれば民営斎場や、寺院斎場を選ぶのも良い方法の1つとなります。とはいっても遺体を火葬するためには南多摩斎場に設けられている火葬場を使うことになるため、寝台車と、遺族や、親戚、僧侶が移動するマイクロバスや、タクシーを用意することが必要になります。費用よりも便利さやスケジュールを優先したい場合は民営斎場や、寺院斎場を使うのも良い方法の1つとなります。